努力はかならず報われるか

憧れが持つ絶大な力

IT企業に憧れを持っている方が多いのではないでしょうか。
IT企業に喜んで身を投じる方がいても不思議ではなくて、IT企業で働けるならば、他に何もいらないと思っている方がいそうですよね。
IT企業で働くことを最大の誇りにしている方は、「俺は子供の頃からIT企業で働くことを夢見ていたんだ。IT企業に憧れを抱いているからこそ、今、重要なポジションで仕事をするようになったんだ」とおっしゃる方がいるかもしれません。

憧れるということは、胸の内に秘めたる想いを抱いていることになり、憧れの対象となるものに近づいて夢実現をすることで、心が満たされていくような感覚を覚えていくのではないかと思うのです。憧れるという感情から、今までに感じることのなかった強大なエネルギーを味方につけていくことが考えられて、「自分もあの人のようにみんなから好かれて認められるような人になりたい」という切なる願いが、自分を突き動かす意志力になるのではと考えられます。

IT企業で、憧れの対象となる人に想いを伝えようとする方がいるのではないでしょうか。特定の人の存在が気になり出したときに憧れが芽生えてくると思い、思いもしなかった行動力を引き起こすことが考えられるのです。
自分の気持ちを相手に分かってほしいという切実な想いから、憧れの対象者のみに意識が集中するようになると思います。相手にもっと自分のことを見てほしいという欲求が出てくるのは当然だと言えるのです。